地域情報

枚方市民会館がオペラ・ジャズデビューに適している理由


枚方市民会館がオペラ・ジャズデビューに適している理由

枚方市民会館。枚方住民ならみんな存在は知っています。でもその割に、普段から利用しているという人は非常に少ない。なぜでしょうか?

枚方市民会館

その答えは、“なんとなく野暮ったいから”。

これに尽きます(おそらく)。せめて名前だけでも、『グランキューブ』とか『ステラホール』とか気取ったネーミングがされれば、利用者数は増加するのでしょうね…。

 そんな枚方市民会館ですが、実は「オペラ・ジャズデビュー」(行ったことの無い人が、オペラやジャズコンサートに初めて行くこと)に非常に適していることをご存知ですか?

今回はその理由について、ご紹介します!

枚方市民会館って、どんな施設?

枚方市民会館には、3つの区分があります。

① 本館  … 集会室・会議室・和室  
② 小ホール… 全260席(ただしパイプ椅子)  
③ 大ホール… 全1,448席(1階1,024席+2階424席)

①は主に会議室(約10室)。それぞれ広さが異なり、定員18人~120人まであります。会社での小~中規模なミーティングなどで、利用されています。

②の小ホール。広さのイメージは、学校にある「多目的ホール」です。小規模な講演会、児童会などの劇などに適しています。

③が大ホール。枚方市民会館の代名詞的存在です。オペラやジャズコンサートは全て、この大ホールで行われます。間違って①本館に行かないようにしましょう。

↓大ホール。2Fではよく“結構、高さあるね”という、特に意味のない会話がなされます。

大ホール

枚方市民会館の運営はJTB

 “市民会館”というワードから既に“面白くない感”が出てしまっている気がします。その理由は、“市(公的機関)のすることは、どうせつまらん”という我々の潜在意識にあると思われます。

 ただ枚方市民会館の運営は、実は『JTB』がしていることをご存知ですか?あの、旅行のJTBです。

 もちろん、建物の権利や収益関係は市が握っているのですが、具体的なイベント構成やアーティストなどのオファーなど、実質的な運営は、市がJTBに委託しているのです。

これだけでも、枚方市民会館のイメージが少し、変わるかと思います。

 オペラとjazz(ジャズ)を鑑賞しよう!

オペラとジャズ。どちらも、枚方市民会館で、基本に年1回くらいは催されています。 今回この2つのイベントをピックアップした理由は以下の2点です。

        “行ったことはないが、興味はある人”が多い
        “興味はないが「行った」と言いたい人”が多い

…どうでしょうか。あてはまりませんか?

私は後者にあてはまります。言いたいです。文化人ぶりたい。

オペラとジャズ、行ってみたいけど行った事がない。そんな人が多いのは一体何故か…?
その理由は、この2つに対して共通して持たれてしまう、5つの“不安”です。

 初めてのオペラやジャズ…、共通する5つの不安とは?

不安①「なんだか高そう(特にオペラ)」
不安②「どこでやっているかわからない」
不安③「どんな格好で行けばいいかわからない」
不安④「何(演目)を見ればいいのかわからない」
不安⑤「そもそも、楽しみ方がわからない」

これらの不安のうち、なんと、①~④は全て枚方市民会館が解決してくれます!

不安⑤もヒントを提示しますので、これを機に“オペラorジャズデビュー”をしましょう!

不安①なんだか高そう(特にオペラ) → 枚方市民会館なら、安い

 枚方市民会館のチケットは、安いです。市民会館の「地域住民、老若男女の文化レベルを引き上げる為の施設である」というスタンスによるものです。
 どのくらい安いのでしょうか。

オペラのチケット相場は、座席によりますが平均で10,000円くらいです。枚方市民会館だと最上級のS席で4,500円!一番安い席ならなんと2,000円!!

こんな値段でオペラが鑑賞出来、かつ文化人ぶれるなら、安いと言わざるを得ないのではないでしょうか。

(ちなみに、ジャズコンサートも同じような金額です。ジャズのチケット相場は、演者によって上下する為比較しづらいですが、枚方市民会館級のホール規模なら、他で聴くより確実に安いでしょう。)

 不安②どこでやっているかわからない → 枚方市民会館です!

 枚方市民会館は、枚方市駅から徒歩3分です。(詳しいアクセスは後述)
地域住民なら、徒歩圏内、定期圏内で行けるので、交通費0円です。迷う不安もゼロ!

 不安①とも関係しますが、会場が遠ければ遠いほど交通費も気になってきますよね。
ただでさえ高いチケット代に、移動コストがかさむとなると、行く気が急激にダウン…。枚方市民会館なら、そういった心配も要りません。

 不安③どんな格好で行けばいいかわからない → …枚方市民会館ですよ?

 ジャズコンサートはまだしも、オペラとなると、“ドレスコード”が気になるところ。ある程度の正装をしなくてはいけないのか、それとも逆に普段着でないと浮いてしまうのか…。初めてだとちょっと、頭を悩ませる部分ですよね。

 でも、安心してください。場所はあの枚方市民会館です。

 枚方市民会館が放つ、どうしても拭えない“野暮ったい”というイメージ…それがここで活きるのです。そうです、所詮、枚方市民会館。どんな格好で行っても大丈夫なのです。

※世間の流れとしても、最近はオペラもカジュアルな服装で行く人が増えているようです。安心して、普段着で行きましょう。

 不安④何(演目)を見ればいいのかわからない → 考えなくても大丈夫!

 ジャズにしろオペラにしろ、どんな演目を見ればいいのか、わからない人も多いと思います。そもそも見たことが無ければ、わからなくて当たり前です。

 ただ、ここでも枚方市民会館であることが、その不安を払拭してくれます。

 枚方市民会館は、地域住民の老若男女、全体としての文化レベルを引き上げる役目を担っています。当然、ジャズでもオペラでも、比較的わかりやすく、大多数にウケる演目や曲目が、初めからチョイスされています。よって、考えなくても大丈夫なのです◎

 私企業のイベントだと、こうはいきません。一部のジャズ好きだけが喜ぶ、マニアックなイベントを行う時もあるでしょうし、演出や脚本アレンジが複雑で、素人にはわかりにくいオペラが企画される時もあるでしょう。

 そういう意味でも、“オペラorジャズデビュー”するなら枚方市民会館がベストと言えるのです。

…ただ、まだ不安⑤「そもそも、楽しみ方がわからない」が残っていますので、最後にオペラとジャズ、それぞれ初心者でも楽しめるヒントをご紹介します。

 オペラの楽しみ方 → ストーリーの予習さえ出来ればOK!

 オペラは、どこが難しいのでしょうか。
オペラは、一言で言えば「セリフが歌になった劇」です。ミュージカルとの違いは、「歌がクラシックなのが、オペラ」です。

クラシックの歌唱法により、歌詞(セリフ)の内容が聞き取りにくい事がありますセリフが全くわからないと、さすがにストーリーもわかりづらくなります。これが、オペラが難しいと思われてしまう要因です。

 ただ実は、オペラのストーリーは非常に単純なものばかりなのです。ですので、演目を事前に確認し、ネットなどで予習しておけば良いのです。単純なストーリーですから、頭に入れておくことは難しくありません。

ストーリーが頭に入っていれば歌詞も聞きやすくなりますし、途中ちょっと流れがわからなくなっても、頭で補完ができます。

 オペラのストーリーは本当に単純?3作品のあらすじを4行紹介!

オペラのストーリーは、本当に単純なのでしょうか??日本での上映回数が多い3作品を例に、4行であらすじを紹介します。
3作品は、①『フィガロの結婚』②『カルメン』③『椿姫』をチョイスしました。いずれも非常によく上映される“ド定番オペラ”です。

①『フィガロの結婚』…喜劇です。
・フィガロ(男)とスザンナは婚約中。 
・二人は、一人の伯爵に仕える者同士。 
・伯爵がスザンナを誘惑する。フィガロは怒る。
・フィガロ、スザンナ、伯爵夫人が、伯爵をこらしめる計画を実行する。

②『カルメン』…情熱的なお話
・カルメンは女ジプシー。町で騒ぎを起こし、補導される。
・護送中、カルメンは衛兵のホセを誘惑し、縄を解かせて逃げる。
・ホセはカルメンに夢中になるが、カルメンは別の男と恋仲になる。
・カルメンの新しい恋人(闘牛士)、カルメン、ホセの修羅場。

③『椿姫』…物悲しいお話
・ヴィオレッタは、社交界一の人気を持つ高級娼婦。
・青年アルフレードと恋をし、社交界を離れ静かに暮らし始める。
・アルフレードの父は二人を祝福しない。ヴィオレッタは身を引こうとする。
・困難を乗り越えたかに見えた二人。しかし、ヴィオレッタは難病の身であった。

このように、ストーリーの予習さえしていれば、初めてのオペラでも、歌や演技・様々な演出を楽しむ余裕を持つことが出来ます!

 ジャズコンサートの楽しみ方 → 基本の流れを知ってツウぶろう!

 ジャズは聞き慣れた人なら、一つの楽器だけを意識して聴いたり、原曲とのアレンジを楽しんだり、様々な楽しみ方(聴き方)が出来ます。でも、普段ジャズを聴かない人にとっては、どう楽しめばいいのかがわかりません。

 ですが、ジャズコンサートには「基本の流れ」というものが存在します。いわゆる“王道”というやつです。これを知っておくと、初めてでもジャズを楽しめますよ!

jazu1

 上記の流れです。なんとなく、イメージはつくのではないでしょうか。

 ジャズは、観客も参加する?!

更に、ジャズコンサートにおける「観客のリアクション方法」についても、知っておきましょう。難しい話ではありません。

 具体的なタイミングは、上記の2~5、それぞれの終わりです。各パートのソロが“良いな”と思った人が「拍手」をします。つまり、良いソロの後には、大きな拍手が起こるわけです。これを知っていると、自分の感覚で拍手をする/しないを決められたりして、楽しいです!

 また、演奏中「Yeah~!」などのかけ声(?)を言う人もいます。これも実は、暗黙のルールがありますのでご紹介します。基本的には拍手と同じですが、使い分けがあります。

・ソロ演奏後、良いと思えば「Yeah~!」です。拍手と同じタイミングですね。
・一曲が終わった時にも言うのですが、その時はちょっと長めに「Yeah~~~!」です。
・ジャズ鑑賞上級者は、ソロ中の細かいテクに対して鋭く短く「Yeah!!」です。

 当然ですが、別に掛け声や拍手をしないといけないわけではありません。黙って聴いても大丈夫です。ただ、ジャズ演奏者は“気持ちいい”“楽しい”と感じて欲しくて演奏しています。観客は感想をダイレクトに演奏者に伝えても良いということです。

 どうですか?これだけ知っておけば、もうジャズコンサートも怖くありませんね。

ジャズの事を初心者向けに書かれた記事がありますので、コチラもご参照ください。 →『はじめてのJAZZ。』https://www.1101.com/jazz/index.html

 チケットの購入方法は?

 枚方市民会館でのイベントチケットは、以下の方法で購入できます。

・枚方市民会館で購入する
・ローソンチケットで購入する(HPで番号を確認するだけ。オススメ!)
・枚方観光ステーションで購入する(下の画像)
https://www.city.hirakata.osaka.jp/site/bunkan/station.html

↓枚方観光ステーション。くらわんこ(左)とひらにゃんこ(右)がお出迎え

くらわんこ

 枚方市民会館のアクセスは?

 枚方市民会館へのアクセスは、以下の通りです。

枚方地図

カフェやレストラン、本屋の集合施設「T-SITE」がほぼ隣接していますので、イベントまでの時間潰しもしやすいですね。

 まとめ

 枚方市民会館の利用方法について、主に“オペラorジャズデビュー”の視点でご紹介しました。枚方住民にとってはあまりにも身近な存在であり、それゆえ、意識すらしていない人が多い枚方市民会館…。
この記事が枚方市民会館を見直すキッカケになったら嬉しいです!

枚方市駅の「南口」から、徒歩3分ほどです。

 

Top
無料体験
資料請求