石山本校

工夫して楽しんで!/KEC個別指導塾メビウス石山本校


定期テスト100点アップの個別指導塾KECメビウス石山本校の小原です。

いつもメビウスの日常ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

以前、定期テスト100点アップの個別指導塾KECメビウス高槻本校のブログ

『こんな時だからこそ』】 ←リンク先はこちら

で、“不自由な状況だからこそ、工夫して楽しむということも身につけてほしい”というブログが挙がっていましたね。

 

確かにこんな時だからこそ、普段では考えないことを考えてみて、楽しく知識を増やしてほしいです。

そこで、今回ご紹介するのは「早稲田大学の入試問題」です!

おそらく、大部分の方が「それのどこが楽しくやねん!」とツッコミを入れたことでしょう。

確かに有名大学の入試問題は楽しく解けるものではありません。

ただ、過去にこんな問題が出たんです。

 

【早稲田大学のスポーツ科学部の2018年度の小論文入試問題】

『じゃんけんの選択肢「グー」「チョキ」「パー」に、「キュー」という選択肢も加えた新しいゲームを考案しなさい。

解答は、新ゲームの目的およびルールを説明するとともに、その新ゲームの魅力あるいは難点も含めて、601字以上1000字以内で論じなさい。』

 

何か楽しそうではありませんか?

1000字なんて原稿用紙2枚半です。昨年度、高校受験をした中学3年生の塾生もいっぱい小論文の練習をしていました。

中学生コース ←リンク先はこちら

 

それに提出するわけではないのだから、きれいに書く必要もありません。

どうです?自分で考えて自分で遊べるんですよ。

たとえば、ご家族でひとりずつ考えて発表してみてください、如何に自分の考えた新しいゲームが面白いかを。

そして、その後実際に遊んでみましょう。

 

こんな時だからこそ、普段では接しない問題を解いてみませんか?新しい発見があるかもしれないですよ!

塾生にもどんどん勧めてみようかな。

私では思いつかないような画期的な新しいじゃんけんが定期テスト100点アップの個別指導塾KECメビウス石山本校から生まれるかもしれません。

Top
無料体験
資料請求