石山本校のブログ

ミレニアム懸賞問題

ミレニアム懸賞問題をご存じですか?

 

定期テスト100点アップ個別指導塾KECメビウス石山本校の小原です。

いつもメビウスの日常ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

ミレニアム懸賞問題とは、アメリカのクレイ数学研究所によって2000年に発表された100万ドルの懸賞金がかけられている7つの問題のことです。

これらの問題は、それぞれの分野で非常に重要かつ難しい問題です。

一覧は以下となります。

 

・ヤン-ミルズ方程式と質量ギャップ問題

・リーマン予想

・P≠NP予想

・ナビエ-ストークス方程式の解の存在と滑らかさ

・ホッジ予想

・ポワンカレ予想

・バーチ・スウィンナートン=ダイア―予想

 

現在、ポワンカレ予想のみロシア人数学者グレゴリー・ペケルマンによって解かれています。

 

正直これらは難しすぎて全く分かりません。

ただ、数学の歴史を知るのはとても面白いので、

どんな数学者がいるのか、どんな経緯で解かれたのか、などご興味あれば是非調べてみてくださいね!

 

そうそう、ミレニアム懸賞問題の一覧を見て気付いたことはないですか。

“予想”という言葉が多いですよね。この理由については、またの機会にお話しますね。

Top
無料体験
資料請求