イメージと現実

石山本校のブログ

イメージと現実に違いが出る理由は?

 

こんにちは、定期テスト100点アップ個別指導塾KECメビウス石山本校のツノモリです。

いつも個別指導塾メビウスの日常ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

梅雨ですね。石山でも雨の日が多くなっています。

 

先日も中学3年生の塾生Wくんがズボンを雨に濡らせて教室へとやってきました。

 

「そんなに雨降ってないと思ってたら、途中でめっちゃ降ってきたわ~」とのこと。

油断をしていたら思わぬ大雨にやられた。そんな感じでした。

 

みなさん梅雨ってどういうイメージですか?

もしかしたら弱い雨が降ったりやんだりのぐずついた日が続く、

なんて風に思ってる人が多いかもしれませんね。

テレビのお天気コーナーなんかでも良くそういう話をしています。

でもその認識は、石山本校のある西日本では正確ではありません

梅雨の時期には西日本にはまとまった雨が降ることも多く、

災害規模になることも少なくないからです。

おととしに西日本で大きな被害を引き起こした豪雨災害は、覚えている人も多いのでは?

あの災害も梅雨前線がもたらしたものでした。

 

常識を疑ってみる、という話はメビウス枚方本校のブログ、

常識を疑うことは役に立つ」でも触れられていましたね。

広く一般的な常識だと思われていたものが、

実際には限定的なもので当てはまらない、なんてことも案外多かったりします。

 

ふと感じた疑問をそのままにせず調べてみる。

そうすればきっと新たな発見がありますよ!

Top
無料体験
資料請求