高槻本校のブログ

予習と復習について〜その2〜

予習と復習、どちらが大切なのか

 

こんにちは!定期テスト100点アップの個別指導塾メビウス高槻本校の上田です。

前回に引き続き、予習と復習の内容についてお話しします。

前回の内容は

 

『予習と復習について〜その1〜』

 

ですので、まだの方はその1から読んでくださいね。

 

さて前回のブログで紹介した、予習と復習についてメビウスのシステムと学校の流れは、

 

予習 →メビウスでの通常授業

復習①→メビウスの宿題

復習②→学校の授業

復習③→学校の宿題や提出物

復習④→メビウスでの通常授業(テストまでの仕上げ)

復習⑤→メビウスでの講習会(春・夏・冬)

 

でしたが、上記を見ても予習1回に対して、復習は4回以上となっています。

(復習⑤については年に3回あり、中1から中3まで通うと9回あります)

 

なぜこれほどまでに復習が必要なのか…

それは人間の脳の構造に理由があります。

よく言われることですが、『人間は忘れる生き物』なのだそうです。

例えば悲しいことがあった時、その記憶が鮮明に残っていたら…

そしてその記憶が生まれた時からのもの全てが残っていたとしたら…

おそらく人間はその苦しさに耐えることはできないでしょう。

ですので、人間の脳は全てのことに対して『忘れる』ようになっています。

特に生命維持に必要のない情報は積極的に忘れていくようになっていますので、

学校で習っている内容などは、何もしなければ忘れていってしまうのです。

では、どうしたら勉強した内容を忘れずに保てるのか?

次回メビウスのシステムを交えてその方法を説明しますね。


夏期講習会 無料体験のお知らせ
 

個別指導塾メビウス高槻本校 TEL:072-686-0002

Top
無料体験
資料請求