中学1年生必見!1学期中間テストの勉強のポイントを教えます

定期テスト

 

「初めての中間テストで緊張する」「1学期の中間テスト対策を知りたい」

 

など、中学生になって初めての定期テストにドキドキしている人も多いでしょう。特に中学1年生の場合、初めての中間テストで、どうやって勉強していくべきか分からない人も少なくありません。そこで今回は、中学1年生の初めての定期テストである中間テストについてと、その対策について徹底解説いたしましょう。

 

中学1年生の、中間テストの教科別学習のポイント

英語

まずアルファベットや単語を確実に覚えましょう。おススメは、教科書の音読です。教科書を見ずに暗唱できるように丸暗記することです。英語が苦手な中学生に多いのが、単語を覚えていない。読み方が分からない、ということです。音読することで、英単語の暗記力は格段に上がります。また、何度も暗唱することで、英語の語順も自然に分かるようになってきます。並行して、文法の学習と、実際に書いて覚えることをしていきましょう。

英単語は、新出単語が次から次へと出てきます。気が付いたら、分からない単語だらけ・・・は、陥りやすい状態なので注意しましょう。また、定期テストにおいても、基本的には教科書本文から出題されることが多いので、日頃から定期テスト勉強をしていることに繋がります。

数学

最初は、正負の数の学習から始まります。ここは、まだ比較的簡単な単元です。しかし、簡単だからこそ、気を抜かずに学習しましょう。数学が苦手な中学生に多いのが、符号のミスなどの計算間違いです。また、分数や少数の問題になると、更に間違い率は高くなります。簡単だから、面倒くさいからという理由で、途中式を書かないケースも多いです。

小学校の分数、少数が苦手だった場合は、必ず復習しましょう。とにかく、正しい解き方の手順を身に付けることが重要です。また、間違えた問題は、必ず間違い直しをしましょう。

国語

言語の科目なので、英語と通じる部分があります。おススメは、英語と同じく教科書の音読です。教科書を読まない中学生は、実際かなり多いように思います。前提として、国語のテストは基本的に難しいと思ってください。なぜなら、定期テストに出る文章は予め決まっているのですから、ちょっと読んだけで解けるような問題であれば、定期テストとは言えません。

記述問題でも記号問題でも、「なぜそうなるのか」という理由まできちんと理解しておく必要があるのです。問題集を解くにしても、必ず解説を熟読しましょう。その答えになる根拠まで理解することが大切です。

理科

中学1年生の最初は、基本的に植物の分野から始まる場合が大半です。暗記分野ですので、とにかく何度も繰り返し暗記しましょう。問題集を解くという方法で構いません。ただ、必ず間違えた問題のやり直しはしましょう。

注意すべきことは、意味をきちんと理解しながら暗記することです。例えば、種子植物とは、どんな植物なのか?被子植物とは、どんな植物なのか?等です。「被子植物」とは、「胚珠」が「子房」の中にある植物のことです。更に、「胚珠」「子房」って何?植物のどの部分?ということを知っておく必要があります。ありがちなパターンんは、「胚珠」や「子房」という言葉は暗記したのに、定期テストで解けないことです。

単に言葉を暗記しただけでは、定期テストで解けませんので注意しましょう。

社会

地理と歴史があります。どちらからスタートするかは、中学校によって異なります。地理と歴史を並行して進める場合もあれば、地理だけを一旦進めて、終わり次第、歴史に進むという場合もあるので、中学校の先生に確認するとよいでしょう。暗記メインの科目なので、理科と同様、やり直し含めて、問題集を何度も解きましょう。また、理科でも触れたように、意味をきちんと理解しながら暗記しましょう。

例えば、縄文時代に土偶が登場します。頻出問題として例を出すと、「土偶は何の目的で使われていたか答えななさい」等の、記述問題です。単なる言葉の暗記だけしておけば定期テストで点数を取れる訳ではなく、こういった記述式問題も増加していますので注意して取り組みましょう。

中学1年生の、1学期中間テストが一番重要!その理由とは?

1学期中間テストの学習内容は最も重要です。なぜなら、1学期の学習内容の理解を前提に、2学期以降、授業が進んでいくからです。

これはいたって単純なことなのですが、あまり意識せずに取り組んでいる中学生は多いように思います。むしろ、最初は内容が簡単だからといって、油断していると要注意です。

そのためにもまず、科目ごとの学習内容の構成を知っておくとよいでしょう。ここでは、数学を例にご紹介します。

中学1年生の数学の場合

まず、正負の数、方程式等の単元を学習します。その後、関数(比例、反比例)や図形の単元に進んでいきます。関数や図形の問題を解く上で、正負の数の計算、方程式の知識は必須になります。

つまり、1学期に学習する計算分野でつまずくと、間違いなく2学期以降の学習に影響します。

図形の範囲が苦手だ…という中学生は多くいますが、よくよく見てみると、計算ができなくてつまずいているケースは、よくあります。
その場合、図形が苦手なのではなく、計算が苦手という所に真の問題点があるのです。

中学2年生になったらどうなる?

まず大前提に、中学1年生の内容が土台となります。学習する分野の順番は、中学1年生の流れと似ています。まず、計算分野からのスタートです。式の計算や文字式の利用、連立方程式を学習します。その後、一次関数や図形の単元に進んでいきます。

一次関数においても、解く上で方程式が必須になりますが、その前に習う連立方程式を使って解く問題も出題されます。図形の範囲は、角度や証明がメインになります。苦手な中学生が多い証明ですが、説明する問題という意味では、文字式の利用と通じる部分があります。文字式の利用は、お題が与えられ、なぜそうなるのか、理由を説明する問題です。証明問題を解くために必要な説明力は、実は一学期に学習しているのです。

中学3年生になったらどうなる?

ここまでの説明でお分かりの通り、中学3年生においても同様です。まず、計算分野からのスタートです。また、中学3年生の難易度は更に上がります。式の展開、因数分解、平方根、二次方程式と、中学3年生の1学期の学習内容は非常に濃く構成されています。まず、式の展開でつまずいた時点で、そこから先の因数分解から全て苦手になることは明白です。式の展開で習う乗法公式を使って、因数分解、平方根、二次方程式の問題も解けるようにできているからです。

中間テストでは、5科目全部が重要?

答えはYESです。どの教科も重要と捉えましょう。さらに言えば、数学でつまずいたら、理科でもつまずくと思ってください。理科でも計算で解く問題が多く出題されるからです。単元名で言うと、力や、質量パーセント濃度など、色々あります。国語も、習った漢字の読み書きができないと、それ以降の文章が読めなくて困ります。

社会は地理、歴史があります。歴史で言えば、時代の流れを把握し、「なぜこれが起こったのか」「なぜそうなったのか」を理解していないと、記述問題で苦戦することは必至です。それ以前に、それまでの歴史が分からないまま、新しい単元をやろうとしても、内容の意味が分からないまま進むことになります。

英語は言うまでもありません。文法も単語も、1学期の中間テストの内容が理解できている前提で進んでいきます。国語と同じ、言語の科目です。一度つまずいてしまうと、それ以降の内容も確実に分からなくなるので注意が必要です。

中学1年生が、中間テストに向けてやるべきこととは?

小学校までに培った学習習慣を崩さない

中間テストに向けてやるべきこととして、勉強の仕方などの勉強方法そのものをイメージする方が多いかもしれませんが、重要なので触れておきます。学習内容の理解ももちろん重要なのですが、長い目で見た時には、学習習慣を崩さないことの方が重要です。というより、学習習慣も勉強法の一つと捉えましょう。

「ウチの子、普段全然勉強しなくて困ってるんです」
これは、中学生のお子さまを持つご家庭から、よく耳にするお悩みの一つです。

でも思い返してみてください。小学生の時は、どうでしたか?
時間などは個人差があるにしても、基本的に小学生の時は、少なくとも毎日宿題に取り組んで机に向かう時間があったはずです。

多かれ少なかれ、学習習慣そのものは、誰にもあったはずなんです。それが、中学生になってから、全くなくなるケースです。要因はいくつかあります。

一つ目は、中学校から出る宿題がない(もしくは少ない)二つ目は、宿題が出ていたとしても、やらない。やらないの理由にも色々考えられます。

部活で疲れて、やる体力がないという中学生も多いように思います。勉強との両立がうまくいっっていないケースです。または、やらなくても特に学校で何も言われないのでやらなくなる。(ただしこの場合、学期ごとの懇談で、「宿題出していませんよ!」と後になって怒られることになりますが・・・)

理由は色々ありますが、小学生の時に培ってきた学習習慣を崩さないようにしましょう。

少なくとも、とにかく「(学校以外での)学習時間をゼロにしない」ということが大切です。もちろん、毎日何時間も勉強時間を取り続けることも立派ですが、中学一年生の場合、まず生活のリズムをつかみ、勉強との両立を図ることが重要です。

気合の入れ過ぎも禁物です。例えば、毎日3時間勉強すると決めたとします。本当に、毎日続けられるのか?を冷静になって考えましょう。結局、長続きしないとあまり意味はありませんので気を付けましょう。

基本内容を徹底して身に付ける

とにかく、1学期の内容でつまずきを作らないようにしましょう。応用や発展問題についてではなく、基本内容に関してと思ってください。

「だいたい分かってるから大丈夫」と、中学1年生の1学期の段階から言っていたら、注意が必要かもしれません。

正直、「だいたい分かる」は黄色信号と思ってもよいです。「だいたい」は、言い換えれば、「分からないところもある」状態です。

中学1年生の1学期の段階で、「分からないところもある」は、かなり危険です。2学期以降、確実に分からないところは増加します。

「だいたい分かっているし、授業についていけないこともないし、まぁ大丈夫かな」と思ってしまうケースは、実は多いように思います。なので、基本内容においては、分かっている状態が当たり前と捉えましょう。

学習習慣を崩さず、基本を身に付けるために何をすればいいの?

前述した、教科別学習のポイントを参考にしてください。それ以外の方法としては、学校で配布される問題集などの提出物をコツコツ進めていきましょう。中学校では、定期テスト毎に必ず宿題が出ます。ただこの宿題は、定期テストの当日までに、問題集の指定された範囲を全て解いて提出するというものが大半です。

例えば、数学の問題集の1ページから30ページまでをすべて解き、丸付けまで仕上げた状態で提出しないさい、というような内容です。場合によっては、かなりの量になりますので、テスト直前だけで仕上げきることが非常に困難なことも十分あります。学校で習った範囲は、その時その時に、その単元を日々解いていくといいでしょう。

中学1年生の1学期中間テストの段階では、それほど多くの量にはならないことが多いので、提出物でいっぱいいっぱいになることは稀かと思いますが、今後の習慣を身に付けるという意味でも大切です。

まとめ

中学1年生の1学期は、とても大切な時期です。中学校生活という新しいスタートに、期待もあれば不安もあるでしょう。ただ恐れず、まずは基本的なことをきちんと進めていきましょう。そのための土台として、改めて強調しておきたいことは、小学校までに培ってきた学習習慣を崩さないことです。まずは小さなことからコツコツと、で構いませんので、科目ごとの基本的なことにしっかりと取り組みましょう。中間テストでよいスタートを切ることができれば、きっとよい波に乗れるはずです。

無料体験 0120275559
LINEで無料相談
Top