日常ブログ

なぜ本を読む?

こんにちは!!メビウス高槻本校の野口です。

 

高槻にも秋がきた!!読書の秋!!ということで、今日は読書についてお話させていただきます。

 

メビウスでは個別指導の塾以外にも、小学生を対象に、国語力を高めるグリムスクールの授業を行っているのですが、先日高槻のグリムスクール生の中に1学期の間に塾で課題に出た本以外は1冊も本を読んでいないという生徒がいて、びっくりしました。

 

理由を聞いてみると、

「ずっと本を読もうと思っても、飽きてきて眠くなってしまい、本を読みつづけることができない」

とのことでした。

 

このように本を読む習慣の必要性を感じていても、なかなか本を読むきっかけがつくれない生徒が多いようです。

 

ボクは読書の習慣のきっかけをつくるためには、「本を読むこと」を無理に好きになろうと考えるよりも、自分の興味があることを調べる手段として本を用いることから始めると良いと思います。

 

例えばボクはマンガのNARUTOが好きで、実際の忍者がどういうものであったかということに興味を持って、図書館に行って調べてみました。そこから関心が広がって忍者の活躍した戦国時代や江戸時代の歴史についての本を読むようになりました。

 

このように「本を読むこと」を目的と考えずに、手段と考えることで読書は自然と行えるようになるものだと思います。

 

まずは自分の興味のあることをみつけることから始めて、読書の秋をめいっぱい楽しみましょう。

 

塾に来たら最近どんな本を読んだか教えてくださいね♪

 

Top
無料体験
資料請求