日常ブログ

君は、天才バカボンを知っているか?


こんにちは!

メビウス寝屋川本校の佐藤です。

 

寝屋川の多くの公立中学校では、1015日(木)16日(金)に中間テストがあります。

そのため、中学生は連日塾に自習にやって来ています。

メビウスでは自習での質問対応もしているので、分からないところは、塾に来て先生に聞きに来てくださいね!

 

その中で、中学3年生の理科の質問対応をしていた時のこと。

「天体」の分野で、「日の出」と「日の入り」の方角の問題がありました。

 

「日の出」は「東」、「日の入り」は「西」で起こります。

生徒と話していたところ、「バカボンの歌で覚えた」と言っていました。

 

バカボンと言えば、赤塚不二夫 原作の有名なマンガですね。

テレビアニメ初回は1971年から放送。

今の中学生でも知っているんだなと思ったら、昭和から平成にかけて何度かリメイクで放送されており、今年の5月には劇場版が公開されていた様です。

 

有名な主題歌のワンフレーズ:「西から昇ったお日様が東へ沈む♪」

(実際は逆で、お日様は東から昇り、西へ沈む)

 

これから天体を習う中学校も多いと思うので、次のテストに向けて覚えておきましょう(笑)

 

ところで、バカボンのパパのセリフで「それでいいのだ!」は有名ですが、

個人的にとても印象に残っているものがあります。

 

「忘れようとしても、思い出せないのだ」

 

意味分かりますか??

 

結論から言うと、意味は特にないそうです(笑)

(公式サイトにも載っています)

 

あるいは、解釈は個人個人に委ねられているのかもしれません。

そこで考えてみました。

 

例えば、自分にとって嫌な出来事が起こったとします。

すると、忘れたくてもその事がしばらく記憶に残っていたり、思い出すと嫌な気分になったり、落ち込んだりすると思います。

つまりは、「忘れようとしても、思い出せている」状態。

 

「忘れようとすること = 嫌なこと」です。

 

そうであれば、

「忘れようとしても、思い出せない」とは、

「嫌なことが、思い出せない」状態です。

 

嫌なことが、思い出せないのなら・・・

 

「それでいいのだ!」

 

ですよね?!

 

学校や塾の勉強とは関係ないお話ではありましたが、「言葉の意味を深く考えてみる」、ということも、思考力を鍛えることに繋がるのかもしれませんね!

Top
無料体験
資料請求