日常ブログ

悩むくらい可能性があるなら、奪いに行く


こんにちは、メビウス香里園校のシゲヨシです!

以前マンガやアニメのブログが続きましたよね。私も参加したいと思います笑。

というのも、生徒と休み時間に話をしている際に、マンガやアニメ、ゲームの話が出てくることがあります。そこで、私も最近の流行に乗っておこうと思い、読み始めたのです。読んでみると面白いマンガがたくさんありますね!

※マンガやゲームは息抜きとして、ほどほどにしましょう(^)

 

そこで、「アオハライド」というマンガ(恋愛青春マンガです笑)でビビっと来た主人公の台詞がありましたのでご紹介します。

 

悩むくらい可能性があるなら、奪いに行く

 

高校生の男子生徒が意中の女子生徒に対して放った言葉です。ここからの主人公の行動力には目を見張るものがありました。

 

この『悩む』という言葉ですが、私はプラスにもマイナスにも転じるものだと思います。悩む事で、物事を深く考え、自分を見つめ直す機会になると同時に、行動が踏み出せずにマイナス思考に陥り良いパフォーマンスが出来ない可能性を含むからです。

 

先日の上田先生の『余の辞書に不可能の文字はない』というタイトルのブログでもありましたが、生徒は、『無理』『不可能』『出来ない』といった言葉をよく口にします。気持ちはすごくわかります。しかし、無理だと思っていてはいつまでも行動には移せません。

 

目標を決め計画を立てたら、まずは行動です!

 

塾としては、生徒11人と真摯に向き合い、生徒の悩み相談に乗り、解決策の糸口を示し、やる気にさせ行動に変える様に指導しています。

 

中学3年生のみなさんも、志望校に悩むくらい可能性があるのなら、まずは行動をして、奪いに、勝ち取りにいきましょう!

(長文になりすみませんでした。)

 

Top
無料体験
資料請求