日常ブログ

忘れるという能力


こんにちは。枚方メビウスのクワノです。

 

“人間には、忘れるという能力がある”という言葉があります。

 

戦争や、強いストレスに関する話などで、しばしば見られる表現です。

辛い記憶に頭を支配されていては、いつまでも前を向けません。

だから、人間には、忘れるという能力があるのだ、という話です。

 

 “世界には、忘れたい出来事が多過ぎるので、神様がそのように人間を作った”

といった表現を、作家の重松清はしています。

 

  ********************************

 

また、覚えるという行為は、脳という引き出しに情報という物をしまう行為に例えられます。

では、忘れるという行為は、一体、どういう比喩をすれば良いのでしょうか。

引き出しに入れた物が、勝手に姿を消す…。そう考えると、少し不思議です。

 

塾では、必死に暗記事項を覚えようと頑張っている生徒ばかりを見ます。

職員も、どうすれば暗記事項を定着させられるかを、やはりよく考えます。

 

時には覚えるの対義語「忘れる」という能力に思いを巡らせることで、逆に、

覚える方法のヒントが見つかるかも知れません。

 

“いかに覚えるか”ではなく“なぜ忘れるか”

 

“なぜ忘れるか”の答えが出れば、その逆が“いかに覚えるか”の答えですね。

Top
無料体験
資料請求