日常ブログ

平安時代を感じる


みなさん、こんにちは。メビウス香里園校の重富です。

 

冬期講習前期も半分を越えましたね。香里園校でも毎日朝から晩まで勉強して帰る生徒たちに頭が下がる思いでいっぱいです。

 

メビウスの冬期講習では、中3生が国語の授業を取ることが多いです。その授業の中で小説文や説明文と同様にわからない!と声が上がるのが古典です。

 

確かに同じ日本人が発した日本語だとは思えないくらいのものを感じることもあります。しかし、同じ日本人であるからこそ、考え方は昔の人とそう変わらないと思います。

 

例えば、旧暦の名称について、12月は「師走」と言いますよね。これは、平安時代の「師」であるお坊さんがお経をあげるために走り回る月であることから「師走」と呼ばれるようになったといいます。おそらく、平安時代の市中では

 

A「もうお坊さんが走り回る季節になったんですねぇ。」

B「そうですね。今年ももう終わりですね。」

 

というような会話が繰り広げられていたことでしょう。現代でも年末に近づいてくると、テレビでスペシャル番組を放映したり、スーパーなどでお正月を思わせる音楽がなっていたりします。季節の感じ方は今も昔も変わらないということだと思います。古典で書かれていることは、現代の人も共感することができる内容だと思います。みなさんも平安時代の人の気持ちになってみてはいかがでしょうか。恋の悩み、同僚への愚痴など…きっと面白い発見があると思います。

 

ちなみに、一般的に「師走」とは「先生ですらも忙しく走り回る月である」と言われます。メビウスの先生たちも、生徒のみなさんのために、冬期講習会を走り回っています。困ったことがあればいつでも声をかけてください!

Top
無料体験
資料請求