日常ブログ

『70未満が快適』


ビル

こんにちは。個別指導塾メビウス高槻本校の上田です。

 

ここ数日気温は30℃を超える真夏日が続いており、日頃あまり水分補給をしないのですが、

さすがに汗をかくせいか、麦茶を飲む量が増えています。明日は天気が下り坂ということ

もあり、少し気温が下がるようですが、今からこの暑さだと7月・8月が思いやられます。

夏になり気温が上がると、身体がだるく、気持ちもいらいらしてしまうのですが、単なる

気持ちの問題ではなく、気温と湿度に関係があるようです。

 

天気予報で聞くこともある『不快指数』という言葉、この指数が高くなると不快に感じる

そうで、下の計算式で算出されます。

 

不快指数=0.81×気温+0.01×湿度×(0.99×気温-14.3+46.3

 

気象庁によると、算出された数字によって、以下のように人は感じるそうです。

 

70を超えると『不快に感じる人が出てくる。』

75以上で  『半数以上が不快に感じる。』

80以上で  『ほとんどの人が不快に感じる。』

85以上で  『猛烈な暑さで屋外にいられない。』

 

日本の夏は気温が高いだけでなく、湿度も高いので、上の式から算出される不快指数が、

どうしても高くなってしまいます。夏になるといらいらしてしまうというのも、これで納

得がいきます。また、ただ温度を下げるために、クーラーをガンガンにかけるのではなく、

同時に湿度をさげることで、快適になることが上の式でわかります。

 

湿度を下げるには、室内に炭をおくとよいそうですので、夏の準備として、田舎へ炭をも

らいに行こうと思います。それと共に澄んだ空気と景色で、気持ちのリフレッシュもでき

たらいいなと考えています。

 

Top
無料体験
資料請求