日常ブログ

『先輩からのエール』


こんにちは。個別指導塾メビウス高槻の上田です。

 

高槻では新年度になる前の定期面談を実施しているのですが、毎年この時期は特に中3に

なる生徒への意識づけを大切にしています。

先日も中3になる生徒と話をしていたのですが、こんな場面がありました。

 

私  「いよいよAさんも中3やね」

Aさん「うん…とうとう受験生になってしまったわ…。」

私  「毎年この時期に中3になる生徒と話をするけど、1年なんてあっという間やで。」

Aさん「今までの単元で、忘れてるところがたくさんあるけど、今からやったら間に合う?」

私  「間に合うかどうかはAさん次第やけど、やらないと1000%間に合わないよ。」

Aさん「…今年はメビウスの住人になってがんばるわ…。」

 

そんなやりとりをしているところへ、今年受験でがんばっていた生徒が高校から出された

宿題を持ってちょうど自習へ来たのですが、偶然にもその生徒は、Aさんと同じ学校でなお

かつ同じクラブの先輩でした。

 

先輩H「先生~。受験終わったけど、高校から宿題出されたから、自習していい?

            あっ!Aちゃん!あれ?なんか元気ないな…どうしたん?」

Aさん「いや…。いよいよ中3になるので、勉強大変だなと考えていたんです…」

先輩H「そっかぁ。確かにしんどいけど、あっという間の1年やから、がんばれ!

            Aちゃんなら大丈夫やって!」

 

と声をかけてくれました。先輩に直接声をかけてもらったのがうれしかったのか、彼女の

顔は先ほどまでの暗くて重いものから、少し明るく前向きなものに変わっていました。

 

新中3生のみなさん、Hさんが言うように1年はあっという間に過ぎます。クラブに入っ

ている生徒は夏の引退までクラブと勉強の両立で大変ですが、しっかりとこの春休みから

受験にむけた準備をしましょうね。

Top
無料体験
資料請求