『テーブルの上』

日常ブログ

こんにちは。個別指導塾メビウス高槻の上田です。

 

みなさん、ゴールデンウィークはどうでしたか?昨年はカレンダーの関係であまり連休に

ならなかったのですが、今年は6日と7日が土日だったので、昨日生徒と話をしていると、

5連休を利用して家族で旅行へ出かけた、という声を多く聞きました。

連休明けなので、なかなかエンジンがかかりづらいのですが、早速高槻の中学校では来週

に城南中の3年生と第一中の全学年が、また再来週には城南中の1・2年生と第十中学校

の全学年のみなさんは前期中間第一テストがあります。休みボケをしている時間はないの

で、しっかりと準備に取りかかってください。

 

ところで来る5月14日(日)は『母の日』ですね。私もお休みの間にプレゼントを買い

に行き、14日に備えて準備をしたのですが、以前ある保護者から聞いたエピソードがふ

とよみがえったので、本日はそのお話をしようと思います。

 

これは、現在高校2年生の男の子のお母さんから聞いたお話です。

中学時代、その生徒はいわゆる『やんちゃ』と呼ばれる子どもだったようで、学校からの

呼び出しはしょっちゅうで、家でも反抗ばかりしていたそうです。その生徒も高校生にな

り、入学と同時にバイトを始めたのですが、最初の給料が出たのがちょうど母の日の前で、

その給与の中からお金を出して、一本の赤いカーネーションをくれたそうです。男の子な

ので照れ臭かったのか、お母さんが仕事から帰ってきたらテーブルの上に無造作に置かれ

ていたそうです。言葉はなかったけれど、自分で汗水たらして働いたお金でカーネーショ

ンをくれたこと、そこに子どもの成長を感じられて、とてもうれしかったそうです。

 

中学生というと思春期にあたり、気持ちも不安定になりがちですが、その時期がないと子

どもは大人になることができません。親や先生の言うことを聞かなかったり、反抗的な態

度をとったりすることに頭を悩ませていると、保護者の方から相談されることがあります

が、どんな時も子どもに対してきちんと向き合えれば、その状況を乗り越えることができ

るものです。上のエピソードのお母さんも、どんなに疎んじられても子どもと最後まで向

き合って、言うべきことは言い続けていたそうです。

 

私たちメビウス職員も、お子さまの成長を一緒にサポートしていきたいと常に考えており

ますので、いつでもご相談ください。

LINEで無料相談
Top