日常ブログ

『 秋の話 』


 

こんにちは。KEC個別指導塾メビウスのクワノです。

 

8月に入り、まさに夏本番といった感じですね。

こんな時期に“秋”の話をするなんてヘンだと思われるかも知れませんが…

 

以下は、太宰治の『ア、秋』という短編の抜粋(一部要約)です。

********************************************************************************

 

秋ハ夏ト同時ニヤッテ来ル

 

夏の中に、秋がこっそり隠れて、もはや来ているのであるが、

人は炎熱にだまされて、それを見破ることが出来ぬ。

 

秋の花である桔梗の花も、実は夏になるとすぐ咲いているし、

トンボだって、もともと夏の虫である。柿も夏の内にちゃんと実を結んでいるのだ。

 

秋は、ずるい悪魔だ。夏のうちに全部、身支度をととのえて、

せせら笑ってしゃがんでいる。

 

********************************************************************************

夏が終わって、秋が来るのではなく、夏と秋は実は同時に来ている。

 

夏の炎熱(目立つもの・派手なものの比喩もありそうです)のせいで目がくらみ、

夏と共に来た秋に気付かないだけなのだ、ということです。

 

 

「季節の移り変わり」という概念を疑うなんて、文学者の感性とは凄いものですよね。

 

 

受験生の危機感も同じことが言えそうです。

入試は来年の春です。まだ冬も来ていないし、秋すら来ていない…。

 

それは事実です。事実ですが、そう思っていると、間に合いません。

 

受験勉強は、時間との勝負。

中学校で今までに習った総まとめ・反復をする為には膨大な勉強時間が必要です。

この夏、いかに頑張るか。それが重要な受験勉強の分岐点になるのです。

 

中学生の感覚に任せていては持てない危機感を持たせるのが、塾の役目の一つです!

Top
無料体験
資料請求