日常ブログ

『礎』


みなさん、こんにちは。個別指導メビウス高槻の上田です。

 

高槻では、来週月曜日から中3の実力テストが始まります。この実力テストは私立の受験

校を決めるとても大切なテストとなります。しっかりと点数が取れるよう、9月の五ツ木

模試やこれまでのテストで判明している弱点の復習をして、テストに臨んでくださいね。

 

さて、先日五ツ木模試返却の面談の際に感じたことなのですが、『基礎』を大切にしない生

徒がとても多いです。これは中3に限らず、どの学年の生徒にも言えることですが、テス

トが終わり、点数が悪い場合に出てくるのは、

 

「テスト、難しかったし」

「いつも応用が解けない」

「この問題はわかってた。単なるケアレスミス」

 

と言った類の言葉です。いわゆる言い訳です。ケアレスミスをしたり、難しい問題が解け

なかったりするのは、結局のところ『基礎』が固まっていないことが原因です。『基礎』を

おろそかにしている生徒ほど、上にあげたような言葉を言っています。

 

『基礎』を固めることは、どの分野においても時間や根気が必要です。面倒な部分なので

ついつい省いたり、わかった気になったりしがちです。しかし、その『基礎』を固めなけ

れば、さらに上のものを載せていくことは出来ません。

 

「基礎って言っても、どこからやればいいか、わからない!」という場合は、一人ひとり

個別にアドバイスしますので、いつでも聞いてくださいね。

Top