日常ブログ

リズミカルに行こう


 

こんにちは、KEC個別指導塾メビウス高槻本校の山口です。

 

今回は学習意欲の維持について考えてみたいと思います。

 

人間の脳は主に、記憶する、記憶を保つ、記憶した内容を思い出す、記憶した内容を忘れる、の4つの段階を繰り返すことで、記憶を深めていくようです。

 

これらの処理をテンポよく、段階ごとに行っていくことで、学習意欲の増大につながり、やればできるという意識につながっていくと考えています。できる事を実感することからやる気の向上につながり、勉強が楽しいと感じていくメビウスのやる気サイクルには、このような身体のメカニズムも関係しているのではないでしょうか?

 

先日、特訓部屋にある男の子が参加していました。その際、英語の単語テストの再試験に臨もうとしていたのですが、残り時間ギリギリだったため、焦って再試験することは効果的ではないと判断し、自らの意志で次の日にも特訓部屋に来ると約束してくれました。そして、次の日には単語テストを見事に合格し、悠々と帰っていきました!

 

時間的な余裕を踏まえ、自分の学習リズムを尊重しながら課題に取り組んでいこうとする姿勢は、人間の脳の性質にかなったものであるように感じました。

 

みなさんも日頃の勉強において自分の学習リズムを振り返り、そのリズムに忠実になってみるのはいかがでしょうか?

Top