日常ブログ

スゴイ能力


こんにちは!
KEC個別指導塾メビウス寝屋川本校の佐藤です。

先週5月25日(金)、最年少棋士の藤井聡太 七段が、関西囲碁将棋記者クラブ賞の特別賞を受賞したと報道がありました。

藤井聡太 七段と言えは、今や誰もがその名を聞いたことがある、プロ棋士。
数々の「最年少記録」を築いています。

・公式戦勝利の史上最年少記録を更新(14歳5か月)
・プロデビューから歴代最多連勝記録を更新(29連勝)
・通算50勝の史上最年少記録を更新(15歳4か月)
・七段昇段の最年少記録(15歳9か月) など。

将棋以外の分野で、他にどんな最年少記録があるのか、気になったので調べてみました。

○漢字検定 1級 合格 ⇒10歳(小学4年生)

1級ってどんなレベルなのか?
だいたいの目安は以下のようになっています。

3級⇒中学校卒業程度
2級⇒高校卒業程度
1級⇒大学・一般程度

1級は、大学・一般程度とありますが、大人でもしっかり勉強しないと解けないような難問ばかりです。
例えば、こんな問題が含まれます。

(問1)私の体重は50キログラムです。

キログラムを漢字に直す問題。それに漢字ってあったの?!と普通は思っちゃいますよね。

(問2) 膃肭臍

  読みを答える問題。3文字組み合わさっていますが、どの文字も難しい・・・。

小学4年生が合格できたというのは素晴らしいですね!
こういったことから、大人・子ども関係なく、 「スゴイ能力」 を人間は持っているんだなぁ、と感じます。

最年少記録を例に出しましたが、私が思うに、それよりも大事なことは、「自己記録」を更新していくことだと思います。

例えば、定期テストで初めて数学が20点あがったのであれば、「自己記録」更新ですよね。
それは、本当に「スゴイ能力」です。

「定期テストの点数を上げる」というミッションをメビウスは日々追求しています。
それを通じて、みんなの「スゴイ能力」のサポートができれば最高です!

最後に、漢字の答えは・・・

(問1)キログラム ⇒
(問2) 膃肭臍 ⇒ 答えは、メビウス各教室の職員の先生まで!

Top