日常ブログ

『2020年教育改革』×『メビウスの完全個別指導』


明けましておめでとうございます。

KEC個別指導塾メビウス、2020年最初のブログです。

 

来ました、2020年。教育改革の年です。

 

教育改革の方針の一つには「アクティブ・ラーニング」という概念があります。 

知識の習得や活用(いわゆる勉強の基礎)に時間をかけるのではなく、

考えや意見を交換したり、様々な問題解決について、主体的に模索することを重視する考え方です。

 

アクティブ・ラーニング先進国であるアメリカでは“反転授業”が取り入れられているそうです。

学校の授業を動画で先に『予習』し、基礎を固めた上で『授業』に臨む、という形です。

基礎的な知識をもった生徒同士による、意見交換や解き方の共有などの主体的な学びが狙いです。

 

授業で学ぶ、ではなく、事前に学んだ上で授業に臨む、という点が、“反転”なのですね。

 

今後、メビウスが提供している「学校授業の予習」は、2つの意味を持ってくることになります。

 

・学校から「前提」として求めてくる基礎学力を、生徒に身に付けてもらう。

・学校で(今後)導入されていくアクティブ・ラーニングの土台を作る。

 

教育改革が進んでも、メビウスが提供する「学校授業の予習」の必要性は、変わりません。

むしろアメリカの“反転授業”の考えからすれば、その重要性は今後更に高まっていきます。

 

メビウスが10年以上こだわり、変わらず続けてきた「学校授業の予習」。

それに“時代が追いついた”とまでは言いません。

ただ、社会が求める教育の形に、より一層応えていけると思うと嬉しいですし、背筋の伸びる思いです。

 

教育改革元年の2020年も、1:2の完全個別指導だからこそできる「学校授業の予習」に、

メビウスはこだわり続けます。本年も、どうぞよろしくお願い致します。

Top
無料体験
資料請求