日常ブログ

字の向こう側へのおもいやり

こんにちは!メビウス高槻 上田です(^^)

 おとといはすごい雪でびっくりしました。今日もまだ少し寒いですね。でも、日差しは春を感じられる穏やかさがありますね。

3月に入り出勤途中でまだ着なれないリクルートスーツを身にまとった学生を目にする機会が多くなりました。あの黒いかばんの中には履歴書なども入っているのかな。履歴書といえば、本日こんな見出しの記事を読みました。

『履歴書手書き論争』

ある人が、履歴書を手書きで出してきたら採用候補に入れたくないという話を出し、それに対していろいろな議論が出ているそうです。それぞれに意見があるので特にそれに対して意見はしませんが、『字を書くこと』に対して少しお話したいです。

生徒のノートや作文を見る機会が多いのですが、読めない字を書く生徒がいます。字の上手・下手ではなく大切なのは『丁寧にきちんと書いているか』です。字を書く時、それは多くの場合自分の意見や思いを伝える相手がいます。テストであっても出された問題に対して自分が出した答え、すなはち意見を採点者に伝えます。自分の意見や思いを字に託して相手に伝えている、という意識が低いと雑になったり、汚くなったりします。字の向こう側にいる誰かに対して思いやりや誠意を持って字を書ける、生徒にはそんな大人になって欲しいです。

Top
無料体験
資料請求