枚方本校のブログ

会話の口火を切るYくんの功績

ベネッセグリムスクールに通う小4の男の子たちは、ちょっと早く教室に来ます。

フリースペースで、本を読んだり、宿題をしたり、なんとなくソファに寝そべったり。

 

Nくんは、早くきて、学校の宿題を丸テーブルでしていました。

少しずつ集まるメンバー。

4人ほど集まり、私も近くでNくんの宿題を見たりしていました。流れる静かな時間…。

 

仲は悪くないのですが、会話がなんとなく産まれないことって、ありますよね。大人でも。

 

そこに、来ました、Yくん。

ソファに座るなり、Nくんに『お前、なんで学校の宿題してんねん。家でやってこいや。』

Nくん、ニヤニヤして反論「いや、6時間やから、時間ないねん」

すかさずYくん『いや、俺も6時間やし。すぐ帰ってすぐやったら終わるやろ、絶対寄り道して帰ってんねん。』

Nくん、ニヤニヤして、特に言い返さず。

私がYくんに、「Yくんは、いつも帰ったらすぐに宿題するんや?」と話しかけると、

そこから色々なお家ルールの話(宿題をしないとゲームができない、など)を大きな声で話しだしてくれました。

 

すると、周りの塾生も、それにつられて話し出すんですよね、それぞれが、自分のことを。

ほんの数分前の、あの静かな空間はどこへやら、です(笑)。

 

楽しかった。

 

Yくん、君のアイスブレイクスキル、社会人になっても活きると確信してます。

Top
無料体験
資料請求