塾は“合格を売る”ビジネスか

枚方本校のブログ

こんにちは!

定期テスト100点アップの個別指導塾 メビウス枚方本校の髙森です。

 

「あなたに出会えてよかった」

 

こんな言葉を、人生で何度言われるでしょうか。

あまり日常生活の中で、簡単には出てこない言葉だと思います。

また、この言葉とまったく同じ意味というわけではないですが、

 

「塾に通わせてよかった」

 

塾生の保護者様から、受験終わりにこう言っていただけることは、

塾人としてはこれ以上ない喜びです。

 

定期テスト100点アップの個別指導塾メビウス枚方本校の塾生である

I君は、膨大な時間を受験勉強に捧げた一人です。

受験までの、塾での自学習時間は総計750時間を超えていました。

 

受験前、コロナ騒動も相まって気持ちが張り詰めたI君に、お母さんが

「もう、“願書出したら合格”みたいなシステムならいいのにね!笑」

と(気持ちをほぐす意図で)冗談半分に話しかけたところ、

 

「いや、1年間頑張ってきたから、試験は受けたい」

 

とI君は返答したとのこと。

そのエピソードを、I君のお母さまから、先日の懇談で聞かせていただきました。

お話するお母様の表情には、まるで子供の成人式を見るような“感慨”がありました。

その時に「塾に通わせてよかった」というお言葉もいただきました。

 

定期テスト100点アップの個別指導塾メビウスは、塾です。

 

塾は、“合格を売る”ビジネスでしょうか。

確かにストレートな表現で“合格を売っている塾”もあるでしょう。

ではメビウスは…

 

メビウスがI君に、何を提供できたのか。

合格発表の時、I君の心に浮かぶものが、その答えです。

この記事の筆者

小川 喜樹Ogawa Yoshiki

幼少時の少年野球の経験を活かし、日系社会JICA海外協力隊にて、ブラジルへ滞在し現地の子ども達に少年野球指導にあたる。帰国後は、ボーイズリーグにて中学硬式野球の指導にあたり、子ども達の努力には全力で応えてくれる熱血漢。これらの経験を経てKECの経営理念である教育第一主義に賛同し、KEC個別指導メビウスに入社。KEC個別指導メビウスでは、成績を上げるために、常に子ども達の視点に立って物事を考えることを実践。学ぶ楽しさを実感させる指導には定評がある。 (プロフィール詳細はこちら)

資料請求・体験申込

春期講習会

Top