枚方本校のブログ

豊かな国の国民が、幸福を感じる訳ではない―その2―

こんにちは。

枚方にある個別指導塾KECメビウス枚方本校の桑野です。

 

前回のブログで、現状が「絶対評価としてどうか」ではなく「良くなっていっているかどうか」で、人は幸福を感じるというお話をしました。

では、この話がKEC個別指導メビウスの方針とどう繋がるかと言いますと…

 

メビウスには入塾テストがありません。

あえて表現を選ばず言えば、どんな「現状」であっても、生徒を受け入れます。

 

例えば、中学校の勉強に大きく躓いたまま3年生になり、「もう自分には勉強はムリだ…」そう感じている子は、実はたくさんいるものです。

ただ、課題のレベルや、やり方を伝えれば、必ず成長がそこに生まれます。

また、その成長をしっかりと「ホメる」ことで、その生徒には大きな自信が産まれるのです。

 

もしも「絶対的な評価」でしか幸福感が得られないのであれば、これまで順風満帆で勉強の波に乗ってきた子しか、勉強における幸福感は得られないことになります。

 

しかし実際は、何度も言いますが、「前よりも、自分が、良くなっていっていると感じるかどうか」。それが大切なのです。

 

このブログをお読みの方も、ご自身の現状にこの話を当てはめてみてください。

 

家事。

人間関係。

仕事。

…かなり幅広いシーンで、「前よりも、自分が、良くなっていっていると感じるかどうか」が幸福感に繋がっていることは共感できるのではないでしょうか。

 

メビウスは学習塾ではありますが、単なる勉強の場ではなく“関わる人を幸せにする場”でありたいと思っております。

 

メビウスの考えに共感いただけたお母さんは、是非一度ご相談ください↓

夏期講習会 無料体験のお知らせ

個別指導塾メビウス枚方本校 TEL:072-841-6644

Top
無料体験
資料請求