寝屋川本校のブログ

合っていればなんでもOKか?の続き

昨日のブログの続きです。

テストや問題の解答は、合っていれば何でもOKか?についてです。

 

塾生の解いたものを採点していると、「先生、厳しいわー」と言われることが多々あります。

 

漢字ではなく平仮名で書いていることや、

漢字や平仮名、英語のアルファベットの「字」そのものの書き方のこと。

また、数学の途中式や、その解き方の内容や手順のこと等々、いろいろあります。

 

解き方が正攻法でなかったり、どうやって解いたのか他人から見て全く分からない、でも答えは合っている、ということがあると、

「合ってるからいいやん」

となることが多いです。

 

当然私は、「いいよ」ではなく「だめだよ」です。

 

その理由はいろいろあります。

その一つを書いておくと、その子の人生そのものに影響を及ぼすことだからです。

 

分かりやすい例は、高校入試です。

 

どの高校を選ぶのかも大きな選択肢ですし、高校入試で合格できるかどうかも大きな人生の岐路となります。

進学する高校が違えば、学習内容も変わってきますし、その後の進路にも影響を及ぼします。

 

勉強関連だけでなく、高校でどんな友達と出会うのか、どんな先生と出会うのかも変わります。

通学のための朝起きる時間や、通学方法、帰宅時間、全て変わってきます。

 

それだけ、その子の人生そのものに影響を及ぼすことに、合っていれば何でもいいと言える訳がありません。

 

そもそもの話ですが・・・

高校入試の採点基準は、基本的に教科書基準なはずです。

 

歴史の教科書は、ひらがなで書いていますか?

数学の公式や解き方について、これは使わなくてもよいと書いてますか?

そんなことないはずです。

 

それでも、「合ってるからいいやん」が生まれてしまうのは、「どこか」でそれがOKと認められてしまった背景があるから・・・が、一つの要因としてあると思います。(「どこか」はあえて言いませんが)

つまり、全て子どもたちが悪いわけではないということも、強く強調して付け加えておきます!

 

だから、誰かが子どもたちに教えてあげないといけません。

教室は、そういう場でもありたいです。

 

また何か続きを書くかもしれません。ではまた。

 

---------------------------

【個別指導塾メビウス寝屋川本校】

TEL072-811-6777 担当:佐藤

★塾をお探し中の方へ → テスト対策の無料体験ができます。

ご相談だけでも、下記フォームからお気軽にどうぞ!

ネットから最短1分で完了!⇒ 無料体験申込フォーム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★定期テスト、実力テストの点数アップのための秋期講習会(無料体験受付中)

秋期講習会

Top
無料体験
資料請求