寝屋川本校のブログ

暗記のしかた教えます(漢字編)

語源を少し知るだけで、漢字は暗記しやすくなります。

こんにちは。KEC個別指導塾メビウス寝屋川本校の佐藤です。

 

暑いですね。

今日の大阪府の最高気温は、30度と発表されています。

 

ここ寝屋川も、もちろん暑いです。

私は、気温が高いと、

「暑い、暑い」と、

言ってしまうことが口癖になってしまいます。

 

昨日、寝屋川の塾生たちからも、

今日は暑い~と、声が聞こえてきました。

 

その時にふと、

「何で気温が高いことを、“暑い”と言うんだろ??」

と、言葉の意味が気になったので、調べてみました。

 

「暑」という字は、

「日」「者」の組み合わせでできています。

 

「日」は日光を意味します。

「者」という字には、「一か所に集中する」「くっつく」という意味があるそうです。

 

例えば、「者」がつく漢字は、

 

「都」→ 東京都、京都。

人が集まって住んでいる場所を都市と言いますから、一か所に集中する、という意味と合致します。

 

「緒」→ 一緒。

一緒に頑張ろう!

塾でも、先生と塾生、塾生と塾生同士で、励ましあう時に聞こえてくる言葉です。

一緒は、一人ではなく、多数を表すので、人と人がくっつく(この場合の”くっつく”は、”協力し合う”)という意味と合致します。

 

つまり、

「暑」→日光の熱が、一か所に集中する。

私は、想像しただけで、暑いイメージが沸いてきます。

 

これはあくまで、暗記をする時の、ちょっとしたコツです。

塾生のみんな、暗記や勉強のしかたで困ったときは、先生に気軽に相談してくださいね!

Top
無料体験
資料請求