個別指導塾について

中学生の学習塾の費用について教えてください!


中学生の学習塾の費用について教えてください!

main子どもの塾を検討するとき、授業料は大きな判断材料になると思います。集団指導にするのか、個別指導にするのかによっても料金体系は大きく変わってきます。授業料の他にも、入塾金、教室運営費、テキスト代などの諸経費もかかってきます。
そこで、今回は公立中学生の学習塾にかかる費用の目安をお伝えします。

学習塾にかかる費用の目安は?

子どもの学習にかかる費用については、文部科学省が「子どもの学習費調査」として定期的に調査をしています。最新のデータについては、文部科学省のホームページで見ることができます。

今回は現時点で最新のものである、『平成26年度子どもの学習費調査』を詳しく見ていきましょう。

学習費がもっとも高い学年は?

次のグラフは補助学習費の合計を示しているのですが、補助学習費とは主に次の3つになります。

  • ・家庭内学習費(自宅での勉強のための参考書・問題集にかけた費用)
  • ・家庭教師費(文字通り家庭教師や、通信教育も含む費用)
  • ・学習塾費(塾にかかる授業料やその他諸経費、交通費を含む費用)

これらの3つを合計したものが、次のグラフになります。
(※このグラフは公立中学生が対象のデータです。)i1

『平成26年度子どもの学習費調査』
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2015/12/24/1364721_3.pdf

こちらのグラフが示すとおり、中学3年生がもっとも補助学習費がかかります。中学2年生の頃とくらべると約2倍になっています。高校受験を控えた中学3年生ですので、当たり前といえば当たり前かもしれません。

小学6年生や中学1・2年生を見ても比較的高めの数字が出ています。高校受験にむけて、小学6年生〜中学3年生は学習費にお金がかかる時期といえそうです。

公立中学生が学習塾にかかる費用は平均でどのくらい?

補助学習費のうち、学習塾費に注目してみましょう。i2

『平成26年度子どもの学習費調査』
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2015/12/24/1364721_3.pdf

こちらの表を見ると、公立中学生が学習塾にかかる費用の平均は約20万4千円となっています。
学年別で見ていくと中1が約12万5千円、中2が約16万1千円、中3が約32万6千円です。中2から中3にかけて、学習塾費が約2倍になっているのが見て取れます。

平均で約20万円は数字のトリックかも!?

公立中学生の学習塾の費用の平均が約20万4千円とありますが、実はこの数字は塾に通っていない人も含めた数字です。次の表を見てみると、公立中学に通う中学生のうち約30%の人が0円未満になっています。i3

『平成26年度子どもの学習費調査』
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2015/12/24/1364721_3.pdf

このことは、10人に3人は塾に通っていない計算になります。これらの塾に通っていない人も含めた平均で、年間の学習塾費は約20万4千円になるのです。

つまり、学習塾に通うことになった場合、実際のところはもっと費用がかかってきます。表の一番下の欄に「年間1円以上支出者のみの平均額」とありますが、ここを見ると約29万2千円となっています。
塾に通っている子どもだけに絞れば、学習塾にかかる費用の平均は約29万2千円いうことです。

これはあくまでも平均値ですので、実際はもう少しかかる場合もあります。
学習塾にかかる費用が年間40万円以上の欄をみてください。18.5%となっていますが、もっともその割合が高くなっています。 実際のところは30万円以上かかることを見込んで準備しておいたほうが良いのかもしれません。

学習塾にかかる費用にはどのようなものがあるの?

学習塾にかかる費用は授業料だけでない場合がほとんどです。個人でされているような地元の小さな教室の場合は別ですが、大手と言われるようなところは、だいたい別の費用が発生してきます。

主なものとして、

  • ・入会金
  • ・諸経費(教室管理費)
  • ・テキスト代

があります。

諸経費とは、教室管理費と呼ばれる場合もあります。主に、暖房費、光熱費、コピー代などの教室管理に関わる費用が挙げられます。
だいたい2千円〜3千円程度ですが、年間でつもり重なるとけっこうな出費となるため、塾選びの際にはしっかりと考慮すべきです。

テキスト代については、その学年のあいだはずっと使う場合がほとんどですが、講習会などを受講する場合に、別途購入する必要がある場合があります。
また、新学年がスタートする際に、年間のテキストを5科目丸ごと購入することになる塾もあるので注意が必要です。

また、通常授業とは別に、

  • ・季節講習会
  • ・テスト対策等のオプション講座

などを受講する場合には、費用が発生する場合があります。

集団塾の費用は?

塾によって費用はさまざまですが、塾で受講する科目数(英語・数学・英数両方 など)や指導スタイル(集団か個別か)などによってある程度の見込みは立てられます。

以下ではまず集団塾の費用について見てみましょう。

大阪では有名な「馬淵教室」と「類塾」の授業料を挙げてみます。比較する際の基準は「中学2年生、受講科目は英語・数学」として、比較することにします。

他の塾様の料金について扱うため、この記事をご覧頂いている方が調べられるようにHPに載っているものを中心に集めました。

類塾の料金

 i4

http://juku.rui.ne.jp/course/charge/index.html

週1日の授業で15,000円となっています。1日で英語・数学の2科目の授業が受けられるため、月8回分の授業料となります。

KEC近畿教育学院の料金

 i5

週2日の授業で22,000円となっています。ただし、KEC近畿教育学院の場合は、各科目週に2回の授業があるため、月16回分の授業料となります。

集団塾において、中学2年生で英語・数学を受講する場合、授業回数が違うので単純な比較はできませんが、2科目で約15,000円~22,000円前後になると言えそうです。
ここに、テキスト代・諸経費・夏期講習などの別講座の費用が加わるため、年間で約30万円程度になると見込まれます。

個別指導塾は高くなりますか?

個別指導塾の場合は集団塾と比べると料金が高くなる場合がほとんどです。

ひとくちに個別指導といっても、1:1(先生1名につき生徒1名まで)から1:3まで指導スタイルはさまざまのため、料金も指導スタイルによって差がでます。

子どもにあった個別指導塾の選び方はこちら
「うちの子は個別指導塾に向いているの??」

1:2の個別指導塾の料金は?

まずは1:2の個別指導塾の料金を紹介します。ここでも中学2年生で英語・数学の2科目を習うというケースで比較します。

個別ゴールフリーの料金

 i6

http://www.goalfree.co.jp/price_1_1.html

ゴールフリーは英語・数学の2科目を受講すると、週2回で税抜24,000円となります。

KEC個別指導メビウスの料金

 i7

KEC個別指導メビウスの場合、月によって授業料が変動します。税抜17,000円もしくは22,500円のどちらかになります。

1:2の個別指導塾の場合、英語・数学の2科目を受講すると、約23,000円〜24,000円程度になると言えそうです。

1:3の個別指導の料金は?

1:3の個別指導の場合、個別指導の中では授業料がもっとも安くなります。

明光義塾の料金

 i8

https://www.meikogijuku.jp/simulator/

個別キャンパスの料金

 i9

http://www.canpass-kobetsu.com/info/tuition.html

明光義塾は90分で税抜22,000円となっています。
キャンパスは週2回80分授業で税抜16,630円となっています。

授業時間が違うので単純な比較はできませんが、1:3の個別指導の場合、90分換算すると税抜19,000円〜22,000円程度になるといえそうです。

まとめ

公立中学校に通う方の学習塾にかかる費用の平均は年間で29万2千円程度でした。
しかし、集団塾にするのか、個別指導塾にするのかによって、年間の授業料が変わってきますし、ひとくちに個別指導塾といっても指導スタイルによって授業料はさまざまです。さらに、通常受講する科目数やオプション講座によっても費用は大きく変わってきます。
まずは目安として年間30万円程度を見込んでおくと良いのではないでしょうか。その上で、ご本人の勉強の様子と相談しながら、必要なときには必要な授業を受講するというスタンスで学習塾を活用するのがベストです。

※2017年3月時点

Top