勉強の仕方アドバイス

中学生の平均勉強時間は?勉強時間を長くするコツとともに紹介します。


中学生の平均勉強時間は?勉強時間を長くするコツとともに紹介します。

160621main
塾の面談では「うちの子、家で全然勉強しないんです・・」といったご相談をよくいただきます。
保護者の方だけでなく、生徒からも「ふだんの勉強時間ってどのくらい必要なの?」といった質問を受けます。 勉強時間についてはだれもが漠然とした不安を感じているのかもしれません。
そこで今回は中学生の平均的な勉強時間と、勉強時間を長くするコツについてお伝えしていきます。

中学生の平均勉強時間は?

2015年に行われた「第5回学習基本調査」によれば、家庭での中学生の平均勉強時間は90分とされています。
中学生の平均勉強時間
http://berd.benesse.jp/shotouchutou/research/detail1.php?id=4801

ベネッセ総合教育研究所
「第5回学習基本調査」データブック [2015]

この調査は中学2年生を対象とされていますが、家庭での学習時間が平均90分であるのはかなり意外な数字でした。
現場に身をおく者の感覚ではもう少し短いという印象を受けます。
このデータでは、家庭での学習時間には塾での学習時間や学校の宿題をする時間も含まれるということなので、少し多めに出ているのかもしれません。

2001年の調査が最も学習時間が短く、平均で80.3分とされていることを思えば、ここ15年で家庭での勉強時間は約10分も増えていることになります。

こうした勉強時間の増加の背景には、勉強に対する意識の変化があるのかもしれません。
2001年頃から「勉強することは大切だ」と考えるが中学生が多くなっており、2015年には過去最高の約40%となっています。
中学生の意識調査
http://berd.benesse.jp/shotouchutou/research/detail1.php?id=4801
ベネッセ総合教育研究所
「第5回学習基本調査」データブック [2015]

毎日勉強している中学生はどのくらいいるの?

2015年に行われた「第5回学習基本調査」によれば、家庭において毎日勉強している中学生は約40%です。
週に半分以上(4〜5日)と答えた中学生を含めると、約3人に2人は週の半分以上、家庭において勉強をしていることになります。
反対に、週1日以下しか勉強しない中学生は約5人に1人です。
こちらのデータを見ても、週に半分以上勉強する中学生の割合は2015年が過去最高となっており、週1以下しか勉強しない中学生の割合は2015年が過去最低となっています。

「最近の子どもは勉強しなくなった」と言われて久しいですが、こうしたデータを見ると実は最近の子どもはよく勉強しているのです。
中学生の勉強時間比較
こうした調査結果を見ると、受験に向けてのスタートはなるべく早いほうがいいのかもしれません。

勉強時間が長ければ成績は上がりますか?

上のような調査結果を見ると、

「みんな勉強しているからウチの子にも勉強させなきゃ!」
「ぼくも負けてられない!毎日1日2時間は勉強しよう!」

といったように、勉強時間を伸ばすことに目がいきがちです。
もちろん勉強時間は長いに越したことはありませんが、ただ長く勉強すれば成績が上がるというわけではありません。

「勉強時間=効果」ではないということです。

成績がなかなか上がらないと、その原因を勉強時間に求めてしまいがちです。しかし、むやみに勉強時間を伸ばそうとするのは、長い目で見たときに逆効果になる場合もあります。

そもそもなぜ勉強時間が短いのか?

そもそもなぜ勉強時間が短くなるのか。
まずはその原因をしっかりと掴んでおく必要があります。

多くの生徒と接してきた経験上、以下のどちらか、あるいはその両方に原因があります。

・やる気が出ないから勉強する気にならない
・忙しくて勉強する時間がとれない

つまり、「心理的な要因」と「物理的な要因」です。

 勉強が好きだという人は大人になっても少ないわけですが、中学生はなおさらです。彼らにとっては、ゲームをしたり、マンガを読んだり、友だちとLINEをしている方がよっぽど楽しいのです。

その上、放課後は部活動や習いごともあり、体力的にもいっぱいいっぱいです。

そんな状態の中学生ですから、彼らにとっては勉強をすること自体すでにがんばっているのです。その上で、勉強時間を伸ばすというのはなかなかできることではありません。

こうした実情を踏まえて、勉強時間が短くなってしまう「心理的な要因」と「物理的な要因」を取り除き、勉強時間を長くするコツをお伝えします。

勉強時間を伸ばすためには?

まずは「やる気がでない」という心理的な要因を取り除いてあげることが最優先です。
やる気がでないのは、

・楽しくない
・わからない
・勉強しても結果につながらない

など色々な要因が考えられますが、これらの根本的な原因は「できない」ことにあります。

「できた!」と感じているとき、人間の脳内ではドーパミンという物質が分泌されています。実はこのドーパミンが分泌されることで人間は喜びを感じ、やる気の原動力になることが脳科学によって証明されています。

つまり、やる気を出すためにはまず「できた!」という実感が必要なのです。

よく子供に勉強をさせるために、
「こんな点数じゃ通知表に2がついちゃうよ!」
「勉強しなくちゃだめでしょ、このままじゃ行きたい高校にいけないよ!」
といったように声をかけてしまいがちです。

しかし、こうした危機感をあおるような声かけではなかなか中学生は勉強しません。彼らからすれば、
「そんなこと言われても、がんばってるし!!」
「そんな先のこと言われても、その時になったらがんばるし!!」
といった具合に彼らの中では単なる不満として消化されてしまうのがオチです。

やる気を引き出すためには、まずは「できた!」という実感を持たせてあげることが大切です。

できた!と感じてもらうためには?

ハイタッチ
具体的な方法として一例をあげると、問題集を一緒に解き、途中の過程で分からないところをサポートしながら「できた!」まで導いてあげてください。
この時に「こんなことも分からないの!?」は厳禁です。分からないものは分からないので仕方がないと割り切って、どんな簡単なことでもヒントを出し続けてあげてください。ゴールまで導いてあげることで、ご本人は「できた!」と感じることできます。

成功体験を積みかさねていくことがやる気を引き出す一番の近道です。

やる気を引き出したら次にやることは?

勉強に対してやる気が出てきたら、次は物理的な要因を解消していきましょう。「やるぞ!」という気持ちになれば、次はその環境をつくることが大切です。

オススメなのは次の2点を決めることです。

・勉強する場所を決める
・勉強時間の最低ラインを決める

この2点をはじめに決めてしまう理由は習慣づけにつながるからです。いくらやる気が出たからといって、1日だけ勉強して、次の日からはまったく勉強しないのでは意味がありません。
長い目で見たときに、勉強時間を伸ばそうと思えば、勉強を習慣づけてあげることがもっとも大切です。

勉強する場所を決める

勉強する場所を決める理由は、脳は無意識のうちに場所と行動をセットで記憶するからです。何かの行動を継続しようと思えば、一つの行動は一つの場所で行うことでその行動を続けられる確率が高くなります。

ですから、まずは勉強する場所を決めてみてください。「この机に座ったら勉強するんだ」という記憶を脳に定着させてあげれば、その机に座るだけで自然と勉強モードに入っていけるようになります。

勉強時間の最低ラインを決める

よく耳にするのが「毎日1時間勉強する」といった毎日の勉強時間ですが、この毎日1時間を1年間続けられた生徒を見たことがありません。
1ヶ月もなかなか続かないのが実際のところではないでしょうか。こうした目標は、普通の中学生にとってはハードルが高すぎるのです。

とはいえ、毎日勉強することは勉強時間をトータルで伸ばしていく上では非常に大切ですし、学習効果としても高くなります。

そこでオススメなのは勉強時間の最低ラインを決めるということです。

ここでのポイントは、この最低ラインを思いっきり低くする設定することです。
例えば「1日5分勉強する」とか「1日3問、問題集を解く」とか「まずは机に座る」などといったレベルです。
「そんなに低くて大丈夫なの!?」と思われるかもしれませんが、むしろそのくらい低い方がいいのです。最低ラインを低く設定することで、毎日継続することができるようになります。
そのかわりに、風邪をひいて少し体調が悪くても、部活の大会で疲れて帰ってきたとしても、このルールだけは必ず守るようにしてください。

そしてこれはあくまでも「最低ライン」ですから、これ以上勉強してもOKです。人間は5分程度同じことをすれば、気分が乗ってくるものです。その気分にまかせて続けていたときに、気づけば30分、1時間と勉強できていたりするわけです。

まとめ

2015年の中学生の平均勉強時間は90分と、15年前と比べると10分も増加しています。
こうした背景には中学生の勉強に対する意識の向上があります。
だからといって、ただやみくもに勉強時間を伸ばそうとするのは得策ではありません。中学生の実情をふまえて、無理なく勉強時間を伸ばしていくためには、上に書いたような方法から始めてみてください。
長い目で見たときに、きっとうまくいくと思います。

Top