日常ブログ

塾選びの参考に!塾が塾であるために必要な2つのこと


こんにちは!

KEC個別指導メビウス石山本校の久松です。

 

本日は新聞折り込みチラシが入っています!

メビウスをご検討いただいている方は、以下の記事もご覧ください。

 

メビウスってどんな塾なの??チラシには載らないメビウスの思いをご紹介します。

「塾が初めての方も大歓迎」に込められたメビウスの思いとは???

「塾選びを全力でサポート」に込められたメビウスの思いとは???

 

今日はいろんな塾を検討されている方もご覧になられているはず。

そこで塾選びの参考になるように、塾の先生から見た「塾が塾であるために必要な2つのこと」について書いていきたいと思います。

この2つがない塾を選んではいけません。

はじまりはじまり。

 

どんな生徒にも共通して言えることがあります。

それはだれもが課題が山積みである、ということ。

 

・暗記が苦手

・計算ミスがなおらない

・そもそも勉強の仕方がわからない

 

などなど、例を挙げればキリがありません。

一人ひとり課題は違いますが、課題が山積みであることだけはみんな同じです。

その課題を解決するために塾があるのですが、、、思い切って言います。

 

課題をすべて塾で解決することは不可能です。

 

すべての課題を解決するのはいくら時間があっても足りませんし、

ひとつ課題を解決すればまた次の課題が生まれてきます。

課題とは「理想のすがた」と「現実のすがた」のギャップなので、

自分が成長すればするほど理想は上がっていくわけです。

そして課題は無限に生まれてくるわけですね。

 

では、塾がなぜ必要になるのでしょうか??

それは解決すべき課題に「優先順位」をつけて、うまく勉強を進めていくためです。

 

ものごとにはうまくいく順番があります。

 

例えば、おいしいカレーをつくるためには、

具材を切る

具材を炒める

煮る

ルーを入れてさらに煮る

完成

 

大ざっぱに言えば、この順番でやりますよね。

おいしいカレーができあがります。

 

もしも、

煮る

具材を炒める

具材を切る

この順番で調理すれば、おいしいカレーにはなりません。

当たり前ですが。笑

 

しかし、勉強になるとこの順番がぐちゃぐちゃになっている場合が多々あります。

例えば、暗記が苦手なのは勉強の仕方が間違っているからかもしれません。

であれば、暗記にたくさんの時間を費やすよりも、先に勉強の仕方を学んだ方がうまくいきます。

 

つまり、勉強をうまくすすめるためには、

1.山積みの課題の中から、まずは優先順位をつける。

2.優先順位の高いものから課題を解決していく。

こうして勉強を進めていくことが大切です。

どんどん結果が出てきます。

 

しかし、これはなかなか自分ひとりでできるものではありません。

 

ここで塾の出番となります。

勉強がうまく進められていない生徒に、

1.勉強の専門家として、取り組むべき課題に優先順位をつける。

2.勉強の専門家として、優先度の高い課題解決のためにあらゆるサポートをする。

これらが「塾が塾であるために必要な2つのこと」です。

 

わかりやすい授業は塾として当たり前です。

そこから一歩進んで「勉強をうまくすすめてあげる」こと。

これが塾に通っていただく意味であるとわたしは思います。

 

ここからは宣伝ですが・・・笑

メビウスはこの2つが得意です。

一人ひとりの取り組むべき優先順位をつかむためには、生徒と先生との距離が近くなければなりません。

課題を一緒に解決していくためには、生徒と先生の信頼関係も必須です。

メビウスは「生徒目線」を大切にしている塾だからこそ、それができるというわけです。

 

最後はおもいっきり宣伝になってしまいました。

少しでも塾選びの参考していただければと思います。笑

Top
無料体験
資料請求