枚方本校のブログ

個別指導塾で10年以上働いている男が4歳になる実の娘にしていること

こんにちは。寝ている子どもの顔をつっついて起こしては嫁に怒られている

KEC個別指導塾メビウス枚方本校の桑野です。

 

今日は個別指導塾で10年以上働いているワタシが、4歳になる実の娘にどう接しているか、

ご紹介します。

 

子どもって、言い間違い、するんですよね。

言語習得の過程で必ず起きることです。

 

そんなとき、間違いを“否定して訂正”するのか、

それとも間違いを“否定しないで訂正”するのか。

 

この違いおっきいと思っています。

 

「間違いを否定せずに、どうやって訂正するの?」意外とカンタン。

 

例えばウチの娘は、

「だって、(自分は)おとなだから。」と言おうとして

「だって、おとなから。」と言います。それに対しての“否定しない訂正”は…

 

『そっか。○○はおとなだから、かー。』です。

 

どうでしょう。

オウム返しに見せかけて、正しい日本語に実は訂正しています。

 

“おとなから”→“おとなだから”の訂正のほかに

“主語(自分の名前)を入れて話す”の訂正も含まれています。

 

これを満面の笑みで、優しい口調で伝えれば、もうそれは

“否定して訂正”ではなく“肯定して訂正”です。

 

すぐできますので、どうぞご家庭で使ってください。

Top
無料体験
資料請求