枚方本校

 

校舎情報

(京阪「枚方市駅」から)
 京阪電車「枚方市駅」7番出口の階段を降りて、50mほど進み、1つ目の角を右へ曲がります。そのまま進むと、左手に「王将」が見えるので、その角を左へ曲がります。10mほど進むと左手にKECのビルがございます。そのビルの2Fが個別指導塾 KEC個別指導メビウス枚方本校です。
校舎名
KEC個別指導メビウス 枚方本校
所在地
〒573-0032 大阪府枚方市岡東町24-12 クレタケビル2F
受付時間
14:00~22:00
所長からのメッセージ
日頃からコツコツ勉強“すべき”、テスト対策は早めに“すべき”、暗記には時間をかける“べき”…。“べき論”で子どもが動けば、苦労しません。メビウスの「楽しく勉強出来るシステム」を体感すれば、勉強“したい”という姿勢が生まれます。ぜひ、枚方本校へお越しください。

メビウス生の通塾校区

小学校:香陽、山之上、枚方第二、桜丘、枚方、明倫、伊加賀、磯島、開成、津田南
中学校:枚方、桜丘、渚西、枚方第四、枚方第一、山田、東香里、蹉跎、招提、中宮、招提北、楠葉西

最新日常ブログ

  • 右利き?左利き?

    こんにちは、KEC個別指導塾メビウスの小原です。

     

    先日教室で生徒同士の会話が耳に入ってきて、こんな言葉が聞こえてきました。

    「左利きって書く時、不便だよな。」

     

    なるほど、確かに左利きの人は文字を書く時に手が汚れやすそうですよね。

    私は右利きなので分からない面もありますが、他にもICOCAのタッチがしにくいとか、ドアノブが回しにくいとか、いろいろと不便なことがありそうです。

     

    そこで問題です。左利きの人は世界全体の人口のうち、何パーセントにあたると思いますか?

     

    実は10パーセントくらいしかいないそうです。右利きがこんなにも圧倒的に多いのは地球上の生物の中で人間ぐらいだそうですよ。

     

    では、次に左利きの利点を考えていきましょう。

    まず、挙げられるのは対戦型のスポーツです。

    右利きが圧倒的に多いのだから、ほとんどが右利きの人と対戦することになり、左利きの人とはあまり対戦しないことになります。

    つまり、右利きの人は左利きの人との対戦に慣れていくことができないのです。

     

    ここで、折角個別指導塾のブログですので、勉強面での利点を考えてみましょう。

    左利きの人の方が右脳が発達することはよく知られています。

    右脳が発達すれば、空間認知能力が発達していきます。

    これは数学でいえば空間図形や展開図の問題、理科でいえば天体分野の問題などに活かされます。

    先ほどは勉強面での利点と述べましたが、この空間認知能力というのはサッカーでも大事な要素なのです。

    サッカーの名門校に進学校が多い理由のひとつがこれかもしれませんね。

     

    このように左利きの方には生活上困る場面が多々見られますが、それ以上に右利きにはなかなか手にできない大きな利点があるのです。

    ぜひこの利点を様々な場面で活かしていきましょう!!

Top