枚方本校のブログ

個別指導塾で10年以上働いている男が2歳になる実の息子にしていること

こんにちは。寝ている子どもを目が覚めるまでヨシヨシしてしまい、嫁に怒られている

KEC個別指導塾メビウス枚方本校の桑野です。

 

今日は個別指導塾で10年以上働いているワタシが、2歳になる実の息子にどう接しているか、

ご紹介します。

 

子どもって、嫌がるんですよね。

別に嫌がらなくてもいいことまで、嫌がったりすると、ちょっと腹が立ちます。

 

この嫌がりって、なんでしょう?ただのワガママ?

“イヤイヤ期だから、仕方ない。”

それで済ませてもいいんですが、理由が知りたい。

 

ワタシの解釈は、『イヤイヤは、自分の意思を持つ練習』です。

 

まず、意外に感じるかも知れませんが…

子どもの生活は、実はスゴク「受動的」なんですよね。

 

何時に起きて、何時に寝るなど、生活のルーティンは基本全て、親が決めます。

行動範囲は親が限定し、どうやって遊ぶかについても、親が介入しています。

おやつに何を食べるか、何を飲むかすら、親が決めているのです。

 

子どもが、そんな“言われるがまま”で大きくなるのって、ちょっと不安ですよね。

 

やっぱり、自分の「考え・意思」を持ち、それを「表現」できるように、なってほしいですよね。

 

息子の「イヤ」は、そんな「受動的」な生活に対して、『自分の意思を持つ練習』なのだ。

そう思うようにしています。

そう捉えると、「イヤイヤ」も、大切な成長過程だと思えてきますよ!

 

ちなみに、ワタシの2歳の息子は、何かに腹を立てた時、クチビルをひょっとこみたいに尖らせ、

うずまきナルトみたいに腕を後ろに伸ばして走り去ります。どこでおぼえたんだか。

Top
無料体験
資料請求