高校入試直前!受験生への声のかけかた

寝屋川本校のブログ

【受験生への声のかけかたに困ったことありませんか?】

受験生への励ましの言葉は、まわりができる効果的なサポートです。

 

こんにちは!

定期テスト100点アップの個別指導塾メビウス寝屋川本校の佐藤です。

 

公立高校入試まであとわずかとなりました。

滋賀県は3月10日(火)

大阪府は3月11日(水)

です。

 

受験生の塾生をお持ちのお母さん、お父さんも、まるで自分のことのように、緊張されているのではないでしょうか。

ここ寝屋川校の塾生も、みんな、長く険しい受験勉強の道のりを乗り越えてきたのです。

その過程があり、いよいよ勝負の時。

そんな時、受験生への声のかけ方に迷われる方も多いと思います。

ここ寝屋川校でも、保護者さまから、塾生への声のかけ方に困っているとご相談がありました。

そこで今回は、ご家庭でもできる、受験生のサポート方法をご紹介します。

 

 ●どんな声かけをすればいいの?

寝屋川の塾内だけでも、いろいろなタイプの塾生がいます。

どんなタイプの子かによって、効果的な言葉は変わってきます。

 

😀 パターン① いつも家族や友達と一緒に行動する、社交的タイプ

「ひとりじゃない」というメッセージを盛り込んだ言葉を使う。

(例)「私たち、みんないつでも応援してるよ!」

受験時は「一人で挑む」ことになりますので、こういう時は、いつも見守っていること、応援しているということを

優しく伝えてあげましょう。誰かが応援してくれている、みんなで一緒に乗り越えるんだ、という仲間意識が、

塾生のやる気と自信を、より一層高めることになります!

 

 😀 パターン②  尻上がりに調子を上げていくタイプ

 ⇒気持ちを高める上げ調子の言葉を使う。

(例)「最後まであきらめずに頑張って!」

 

 

どんどん勉強の調子を上げてきた尻上がりタイプ。最後の最後の追い込みにも、素晴らしいものがあります!

その勢いに乗っている気持ちを、更に高められるようにしてあげましょう。

前向きな気持ちで、支えてあげるように声をかけてあげると、「よし!絶対できる!」と、自信を持って試験に挑むことができます。

 

 😀 パターン③ 着実にコツコツ乗り越えてきた堅実タイプ

今までの頑張りを再認識させるようなメッセージを送る。

(例)「ここまでこんなに頑張ってきたんだから大丈夫!」

 

 

今までの頑張りが自信になって、入試直前になっても、落ち着いていることが多いタイプです。

これまでも、たとえ不安や緊張があっても、それと闘いながら着実に乗り越えてきました。

これまでの頑張りをしっかり認め、褒めてあげましょう。そうだ、これだけ頑張ってきたんだ、

と再認識することによって、塾生は自信を持って本番に臨むことができるでしょう!

 

 

このパターンは、あくまで参考ですが、家族でなくても友達同士でも、お互いを高めていくことができると思います。

最後の最後、個別指導塾メビウス寝屋川本校の塾生も、一丸となって、高校受験に打ち勝ちましょう!

 

★こちらのコラムもご覧ください★

『受験応援メッセージで効果的なのは?』

https://www.mebius-kobetsu.jp/education/jyuken-info/4778/

 

★3月の寝屋川ブログ★

『細菌とゾウリムシ、定期テストのお話し』

https://www.mebius-kobetsu.jp/news/neyagawa-news/6392/

 

Top
無料体験
資料請求